Facial Reflexologist CHIKAKO
Facial Reflexology・・・聞きなれない言葉ですがお顔にもリフレクソロジーが行えるんです!! 身体のこと健康のこと美容の事などお伝えできれば嬉しいです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Reflexology~歴史②~
Reflexologyの歴史の続きです。

前回お伝えしたウィリアム・フッツジェラルド博士の後にアメリカ人のライリ博士がゾーンセラピーを引き継ぎました。

その後ライリ博士の助手をしていた『ユニース・インガム女史』に引き継がれました。

インガム女史は
Reflexologyの母と呼ばれ
初めてReflexologyという言葉使いました
Reflexologyは『Reflex→反射+logy→学問』という意味があります
ゾーンセラピーから足裏の反射に対応させ、足裏の反射区図を作成した方でもあるんです

そのあとインガム女史のトレーニングを受けたドイツ人のハンヌ・マルカート女史が
横のゾーンを発見
人体の骨格と足の骨格を比較(←これについてはまた後ほど
しました。

遠い昔の事のように思いますがインガム女史は現役看護師さんです
日本にも来日されたことがあるのですよ~~~。

そして医療従事者にしかReflexologyを教えないと言われています。

Reflexologyはきちんと身体の事を学んだことのある人が行うべきもの
ただ足疲れを取り除く為のものではなく(もちろん足の疲れも取れますが。。。)トリートメントを受けることで、きちんと身体に働きかけることが出来るのです


スポンサーサイト
体調管理
先日3年ぶりっくらいに血液検査をしました
子供の頃から注射は苦手であります。。。。

一般的な検査と乳ガン子宮ガンの数値&この際だからとアレルギー検査も行いました。

セラピストというお仕事をさせていただいていますので(笑)健康管理には気を使っています食事もリビングフードを取り入れてみたり、パーソナルケア用品も天然のものや安心安全が保証されている製品を使うようにしています。

でもいざ身体の状態が数値なって目に見えるようになると少なからずドキドキします

結果はいたって健康体

だったのですがショックな事が・・・・・
たぶん陰性だろうけど今まできちんと受けた事がないからとついでで受けたアレルギー検査で陽性反応が出たのです

ハウスダスト・ダニそれに自信のあったスギが。。。。。。。。。。。。。(泣)
そういえば掃除をするときはくしゃみ鼻水がぁ~~
花粉症ではないと思っていて今年も特に不自由はなく、むしろ快適に春を満喫していただけに驚きました。

そろそろ自分の免疫コップが満タンになる頃なのかなぁ~~
これはきちんとデドックスを行わなくてはと。

でも思いこみも時には大切
思うことで脳がかわり身体にも影響が出てくるのです
脳にしっかり働いていただくために必要な事として
有害な物質はなるべく避けること
デドックスしてあげること
日常の生活の中でほんの少し気を使うことで防げることが沢山あるのです

検査結果を見てもなお花粉症ではないと信じることも
次回の検査でどこまで数値に変化があるのかも楽しみであります

今の自分の現状を知る意味でも血液検査は良いですよ~~~

Reflexology*ゾーンセラピー*
Reflexoligyの紹介を少しずつですがさせいただこうと思います

だいぶ知られるようになりましたがReflexology=足裏マッサージと受け取られている方が多いいのではないでしょうか??

間違いではないのですがReflexologyはもっと奥が深いのです

今日は少しReflexologyの歴史について

紀元前2500年前、古代エジプトの壁画にお互いの足や手を触る絵が描かれています。
そのほか仏像の足裏にも、記号のような絵が描かれていたりします。

これは足裏や手を刺激することで、お互いの健康状態を見決めたり、改善させたりしていたと考えられています。無意識に触れている場所が、自分の弱まりのある場所だったりするので不思議ですね

その後アメリカ人耳鼻咽喉科医師『ウィリアム・フィッツ・ジェラルド博士』によってReflexologyの基本理論であるゾーンセラピーが発見されました。
ジェラルド博士は手術の時に患者さんがベットの柵に手足を押しつけて痛みに耐えているのをみて、手足に刺激を加えることで疼痛効果があることを見いだしました
ゾーンセラピーとは人間の身体を頭のてっぺんから手足の先まで縦に10のラインで区切り、同じゾーン内にはエネルギーの流れが存在し、同じゾーン内にあるものには関連性があるという考え方です。

最近良く聞かれるようになったエネルギーなどもこんなに昔から言われていたことなんですね

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。